HOME > 最新ニュース

最新ニュース

ゆるキャラグランプリ日本一うなりくん凱旋 成田市長ら歓喜の出迎え

2017.11.21 05:00

投票でご当地や企業のキャラクター日本一を決める「ゆるキャラグランプリ」で19日、80万票以上を獲得し、ご当地部門で新たな王者となった成田市の「うなりくん」が発表から一夜明けた20日、結果報告のため同市役所に誇らしげに凱旋(がいせん)した。ちばとぴ

中国からカルガモ飛来 谷津干潟で初確認 習志野

2017.11.17 05:00

習志野市の谷津干潟で、越冬のため中国から渡ってきたカルガモが初めて確認された。くちばしの標識で分かった。ちばとぴ

“地球遺産”市原に 教科書にその名を 「チバニアン」期待膨らむ地元

2017.11.14 05:00

「“地球遺産”が地元に生まれる」「地域の知名度はぐっと上がる」-。ちばとぴ

地球史に「千葉時代」 国際学会の審査通過

2017.11.13 16:18

国立極地研究所は13日、地球の歴史のうち77万~12万6千年前を「チバニアン(千葉時代)」と名付けるための申請が、国際学会での1次審査を通過したと発表した。ちばとぴ

現代に騎馬武者復活? 市民ら大鎧姿で練り歩く 千葉市立郷土博物館

2017.11.12 05:00

鎌倉時代の武士が戦で着た大鎧(おおよろい)姿で乗馬するイベント「鎌倉騎馬武者体験」が11日、市立郷土博物館(中央区亥鼻1)で初開催され、市民ら24人が敷地内を堂々と練り歩いた。ちばとぴ

ヘチマで歯磨きライオン君 児童が栽培、458本プレゼント 千葉市動物公園

2017.11.11 05:00

千葉市動物公園(千葉市若葉区源町)が飼育するライオンの歯磨きに役立ててもらおうと始まった「ヘチマ100本プロジェクト」で小学生が10日、丹精込めて作ったヘチマたわし458本を同園に贈った。ちばとぴ

巨大ツリーやサンタ登場 TDR、クリスマス一色に

2017.11.07 21:26

浦安市舞浜の東京ディズニーリゾート(TDR)できょう8日から、クリスマスの催事が始まる。12月25日までの48日間、ランドとシーの両パークには巨大なツリーが飾られ、シーのショーではサンタクロースが登場する。ちばとぴ

幻想的な“光の世界” 輝く300万球 袖ケ浦・ドイツ村

2017.11.02 05:00

袖ケ浦市永吉のテーマパーク「東京ドイツ村」で1日、約300万個の色とりどりのLED電球が輝く冬のイルミネーションが始まった。関東三大イルミネーションに数えられる幻想的な“光の世界”が来場者を魅了している。4月8日まで。ちばとぴ

千葉の宝、県民投票 五輪向け「文化資産」募集 建築、料理など幅広く

2017.10.29 05:00

“千葉の宝”を県民投票で-。開催まで3年を切った東京五輪・パラリンピックに向け、千葉県の魅力を内外にアピールしようと、県は「ちば文化資産」を県民から募集している。対象は建築物、郷土料理からアニメやドラマの舞台、B級グルメまでと幅広い。来春には県民投票で100件程度を選定、本県の宝を多言語で紹介する。ちばとぴ

千葉県人口、2045年1割減 千葉銀推計 北西部と太平洋側で格差

2017.10.25 05:00

2045年の千葉県将来人口が15年と比べ1割減の555万人となる見通しであることが、千葉銀行の推計で分かった。東京に近い北西部は微減にとどまる一方、銚子・九十九里・南房総など太平洋側の地域は平均で4割減少すると見込んだ。その上で同行は、訪日外国人客の誘致や東京五輪・パラリンピックを契機としたまちづくりなど、交流人口を増やす対策の必要性を提言した。ちばとぴ

PAGE TOP