HOME > 最新ニュース

最新ニュース

「駅ナンバリング」導入 五輪向け訪日客増に対応 JR東千葉~成田空港間9駅

2018.02.11 05:00

JR千葉支社は、2020年の東京五輪・パラリンピックを見据え、訪日外国人客の増加などに対応するため、路線記号と番号の組み合わせで駅を表示する「駅ナンバリング」を東千葉~成田空港駅間の9駅で新たに導入する。ちばとぴ

「お召し列車」で南房の旅を JR千葉5日発売、3月21日出発

2018.02.02 05:00

JR千葉支社は5日から、天皇皇后両陛下の「お召し列車」としても使用されるハイグレード車両「なごみ(和)」に乗車して南房総を旅する3月21日出発の日帰り旅行商品を売り出す。ちばとぴ

「幕張新駅」負担で合意 千葉市と千葉県、地元企業 自由通路建設は見送り

2018.02.01 05:00

JR京葉線の海浜幕張-新習志野駅間への新駅設置構想で、千葉市と千葉県企業土地管理局、地元企業のイオンモールでつくる設置協議会が31日、同市役所で開かれ、駅舎の費用負担について市が示していた「地元企業が2分の1、県企業土地管理局と市、JR東日本は各6分の1」とする割合案で合意した。自由通路は駅舎との同時整備を見送ることも決めた。協議会はJRに負担を要請する文書を手渡しており、JRの回答を待って正式に決定する。ちばとぴ

銭湯巡っておけゲット 1日から船橋でスタンプラリー

2018.01.31 05:00

船橋市内で現在も営業している銭湯をもっと多くの市民に利用してもらおうと、あす1日から3月31日まで「ふなばし銭湯ゆめぐりスタンプラリー」が開催される。期間中は各銭湯でさまざまなお楽しみイベントも行われ、全湯を制覇した人は景品として銭湯の湯おけがもらえる。ちばとぴ

天然記念物の申請開始 市、学術的活用も見込む 【市原から世界へチバニアン】

2018.01.30 05:00

市原市は29日、地質年代の一区分に命名される見通しの「チバニアン(千葉時代)」の根拠となった同市田淵の地層について、国指定の天然記念物とするための申請手続きを行ったと発表した。ちばとぴ

中尾さん 綾小路さん任命 木更津市、初のPR大使

2018.01.26 05:00

木更津市は、同市桜井出身の俳優、中尾彬さん(75)と同市で結成したロックバンド「氣志團」の綾小路翔さんを木更津PR大使に任命した。24日に市役所を訪れ委嘱状を受け取った2人は「木更津を全国にアピールしたい」などと意気込みを語った。ちばとぴ

ジビエもインスタ映え 26日からフェア、ブロガーら招き試食会

2018.01.24 20:53

ジビエもインスタ映え?-ジビエの消費拡大へ、千葉県があす26日から開催する「房総ジビエフェア2018冬」(~2月25日)を前に県庁で24日、ブロガーらを招いて試食会を行った。ちばとぴ

千葉城の桜SOS 高齢化、進まぬ植樹 名所復活へ募金本格化

2018.01.22 05:00

亥鼻公園(千葉市中央区)の桜がピンチだ。原因は桜の“高齢化”。全盛期は満開の桜で空が見えないほどだったという同公園だが、今はめっきり花が減り、寂しくなった枝ぶりに関係者はため息を漏らす。ちばとぴ

活気づく勝浦漁港 カツオのシーズン到来

2018.01.20 05:00

勝浦市の勝浦漁港に19日、今年初めてカツオ漁船が接岸した。水揚げ量は約6トンで、漁師町は早朝から活気づいた。ちばとぴ

「私が一番びっくり」 芥川賞に木更津在住・若竹さん

2018.01.17 09:46

信じられない。まさか、ここまでになるとは…。予想以上のことで私が一番びっくりしている」

 第54回文芸賞を史上最年長で受賞し、専業主婦から小説家になった若竹千佐子さん。デビュー作「おらおらでひとりいぐも」が昨秋に出版されると、読者からの感想や増刷に反響を実感した。芥川賞にノミネートされてからは改めて喜びと緊張の日々が続いた。ちばとぴ

PAGE TOP