HOME > おすすめ情報 > 千葉県立美術館

おすすめ情報

原勝郎と板倉鼎 -それぞれの巴里-

千葉県立美術館

 1,920年代にパリ(巴里)へ渡った千葉県ゆかりの画 家、大網白里市出身の原勝郎と、松戸市で育った板倉 鼎(かなえ)の作品を紹介。二人の油彩画およびデッサ ンを展示し、原がパリで制作中の写真や、板倉がパリで 描いた下絵などもあわせて公開!また、木内克や黒田重 太郎など、二人と関連のある作家の作品も展示する。
日時/~7月8日(日)9:00~16:30 
会場/千葉県立美術館 第1・2展示室※月曜休館
入場料/一般300円、高校・大学生150円 ※中学生以下・65歳以上無料

原勝郎《モンマルトル》
千葉県立美術館蔵

板倉鼎《巴里風景》
千葉県立美術館蔵

お問い合わせ先

PAGE TOP