HOME > おすすめ情報 > DIC川村記念美術館「マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち」

おすすめ情報

10月8日(土)~2023年1月15日(日)開催

DIC川村記念美術館「マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち」

 20世紀にアメリカとパリで活躍し、絵画をはじめ写真、オブジェ、映画など多岐にわたる作品を手掛けた芸 術家マン・レイ。パリに憧れたユダヤ系アメリカ人として言葉の壁に当たり大戦に翻弄されながらも、多くの芸 術家や恋人から影響を受け、遊び心溢れる作品を生み出します。本展では、彼が「我が愛しのオブジェ」と称したオブジェ作品に注目し、国内所蔵のオブジェ約50点を 軸として、関連作品や資料を合わせた約150点を紹介。 同じ主題のオブジェを独自の手法で再制作しているのも 特筆すべき点で、今回はメトロノーム作品4点、アイロン作品3点、さらに写真とオブジェなど、同モティーフを複数展示することで、ヴァリエーションの対比も楽しめます。  また、豊かな自然に囲まれた美術館は、コレクション に調和した建築や四季の移ろいを楽しめる美しい庭園も魅力。美術・自然・建築が調和した美術館で、芸術の秋を存分に満喫しみませんか?! 
マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち
入館料/一般1500円、学生・65歳以上1,300円、小中学生・高校生600円
時 間/9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日/月曜(10/10、1/2・9は開館)、10/11(火)、12/25(日)~1/1(日)・5(木)・10(火)

《破壊されざるオブジェ》1923/75年
メトロノーム、写真 11.5×11.5×22.2cm
東京富士美術館
© MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2022 G2928

《ミスター・ナイフとミス・フォーク》1944年
木、ネット、ナイフ、フォーク、ビロード
34.3×24.1×4.4cm 東京富士美術館
© MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2022 G2928
秋の庭園散策もおすすめ

撮影:渡邉修
1階展示室の一角には立礼式茶席があり、お茶と和菓子でひと休みも!

撮影:渡邉修

※詳細はHPでご確認ください。

お問い合わせ先

HPhttps://kawamura-museum.dic.co.jp/
ハローダイヤル050-5541-8600
住所佐倉市坂戸631
交通/駐車場JR佐倉駅南口・京成佐倉駅南口より無料送迎バスで約20〜30分/無料

PAGE TOP