HOME > おすすめ情報 > 千葉県立現代産業科学館3年ぶりに夏のプラネタリウムが帰ってくる!

おすすめ情報

令和4年度プラネタリウム上映会 8月5日(金)~24日(水)

千葉県立現代産業科学館3年ぶりに夏のプラネタリウムが帰ってくる!

 千葉県立現代産業科学館では、例年、世界的に有名なプラネタリウムクリエーター大平貴之氏がプロデュースしたプラネタリウム上映が好評を博しているが、今年は新たに事前予約制を導入し、3年ぶりに同館サイエンスドームで上映を行う。
 同館の直径23mのサイエンスドームスクリーンに、大平氏の率いる有限会社大平技研が開発した革新的なプラネタリウム投影システム「MEGASTAR-FUSION」で、光学式とデジタル式が融合した究極の星空と超高解像度映像が映し出される。

 今回は「軌跡×奇跡-宇宙の一瞬にかける想い-」と題して、大平技研の革新的な技術で作られ、大変好評だったFUSION作品4作品を再上映。上映作品は、「星のある風景~宇宙(そら)~」「星のある風景~旅~」「七夕ランデブー」「スタークルーズ」で、どの作品も「長い星の歴史の一瞬を見たい」「間近できれいな星をみたい」「見る場所によって変わる星の表情をみたい」という、大平氏の「宇宙への想い」が随所に散りばめられている。

 プラネタリウム上映会は事前予約制のため、HPで予約の上、おでかけを!

 令和4年度プラネタリウム上映会
「軌跡×奇跡-宇宙の一瞬にかける想い-」12K MEGASTAR-FUSION 
8月5日(金)~24日(水)(15日と22日は休館日)
入場料(一作品):一般500円(400円)、高校・大学生250円(200円)
         ※( )内は20名以上の団体料金
※中学生以下と65歳以上、また障害者手帳をお持ちの方とその介護の方は無料

★事前予約制(申込は当館HPから)

地図

サイエンスドームギャラリーでは、膨大な数の星を投影できるメガスターの製作者大平さんのプラネタリウム開発の過程を見ることができる「MEGASTARへの道」も公開。

※詳細はHPをご確認ください。

お問い合わせ先

問合せ千葉県立現代産業科学館 普及課
TEL047-379-2005
HPhttp://www2.chiba-muse.or.jp/SCIENCE/
交通JR総武線「下総中山駅」または「本八幡駅」より徒歩約15分/京成電鉄「鬼越駅」より徒歩約13分
駐車場1時間30分まで無料。その後30分毎に100円

PAGE TOP