HOME > おすすめ情報 > 国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑 特別企画

おすすめ情報

季節の伝統植物「伝統の朝顔」

国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑 特別企画

 国立歴史民俗博物館の南東、旧佐倉城の一郭にある「くらしの植物苑」では、7月28日(火)より特別企画として「伝統の朝顔」を開催。
 古くから多くの人々に親しまれ、夏の風物詩としておなじみの朝顔。江戸時代以降に作り出されてきた朝顔とは思えない変わった花形や葉形の「変化朝顔」を、約100系統、約700鉢展示する。また、今年は、文化・文政期頃(1810年代~1830年代)に武士や庶民の間でおこった「朝顔の第一次ブーム」をテーマとし、当時の変異が現在にも残っていることや、第一次ブームにおいて楽しまれていた、種のできる正木とよばれる比較的単純な変異の様子を、図譜と現物展示を対比させて紹介。あわせて、当時の人々の朝顔に対する知識について、現代の遺伝学や植物学の面からも紹介する。
 また、くらしの植物苑内のハウス、東(あずま)屋、よしず展示場に、当苑で栽培した鉢植えの朝顔を展示。江戸時代から楽しまれてきた、変化朝顔の世界をぜひ堪能してください。 

節の伝統植物「伝統の朝顔」
7月28日 (火)~9月6日(日)
休苑日/月曜日 ※8月10日は開苑 
時間/9:30~16:30 (入苑は16:00まで) 
   ※ただし、8月10日(月・祝)~16日(日)は8:30から開苑 
料金/100円 高校生以下無料
   ※博物館の半券提示で植物苑に入苑できます。    


黄抱常葉紅覆輪丸咲牡丹

黄縮緬葉瑠璃筒白総鳥甲吹上台咲牡丹葉紫車咲 松島鍬形葉白地紫時雨絞丸咲(咲分け) 黄弱渦柳葉淡水色地青紫吹雪采咲牡丹

※新型コロナウィルス感染症予防対策のため、入苑者確認票の提出、体温測定、マスクの着用、消毒、ソーシャルディスタンス、入苑制限など、ご協力をお願いいたします。(詳細はHP参照)

お問い合わせ先

住所佐倉市城内町117
ハローダイヤル050-5541-8600
電話受付時間8:00~22:00
HPhttps://www.rekihaku.ac.jp

PAGE TOP