HOME > おすすめ情報 > 漢方薬 シリーズ 227 月経不調を伴うアトピー性皮膚炎

おすすめ情報

元気堂薬局 薬剤師・国際中医師 大串一稔

漢方薬 シリーズ 227 月経不調を伴うアトピー性皮膚炎

 アトピー性皮膚炎は、アトピー素因や皮 膚バリア機能低下など を背景に、アレルギー 性、非アレルギー性の炎症がおこる皮膚疾患です。痒みが強く、左右対称に発症しやすい特徴があり、増悪と寛解をくり返し、難治性の病態を形成することもあります。  
 漢方的には、正気 (気・血・津液・精・陰・陽)の不足をベースに、外感六淫、飲食の不摂生、 ストレス、過労、睡眠不足などの誘因・増悪因子が加わることにより、 発症或いは悪化すると考えています。  15才のAさん、「幼少期より乾燥肌で、1年ほど前から主に腕や脚に淡紅色の紅斑と痒みが発症、落屑、軽度の血痂を伴っている。以前から、やや疲れやすく、まれに立ちくらみなどがある。発症と同じ頃から月経不調。寒がりで手足は冷えるが、冷たい飲物を好む。」といった症状でした。血虚体質に肝気鬱結が加わり、生風していると考察し、当帰飲子と逍遙散を服用していただ きました。1ヶ月ほどで改善が見え始め、現在では、症状は、ほとんど落ち着き、月経も安定しています。  
 漢方薬の卒業も間近だと思います。  
 アトピー性皮膚炎は、発症原因も増悪因子も多様で複雑であり、臨 機応変で細やかな対応が必要となります。漢方治療では、皮膚患部の状態、好発部位、悪化条件、随伴症状などが大変重要になります。

お問い合わせ先

住所船橋市東船橋1-38-3(JR東船橋駅 南口前)
フリーダイヤル0120-67-4193
TEL047-426-2076
営業時間9:00~20:00/日曜・月曜・祝日定休 
HPhttp://www.kanpo-genkido.co.jp/

PAGE TOP