HOME > 千葉エリアトピックス

千葉エリアトピックス

縄文コンテンポラリー展inふなばし「とび博 土偶のアート伝説 」開催

2018.08.10


(制作者:大内 公公「樹状Ⅱ」)  

 縄文時代の土偶にはまる“縄文女子”が急増中!船橋市飛ノ台史跡公園博物館では、「縄文文化」の理解を目的に、芸術家・研究者たちが縄文文化から受けたインスピレーションを作品や映像・パフォーマンス、掲示などで表現したりワークショップで体感できる縄文コンテンポラリー展を開催。18年目を迎える今回は、地域の先史・原史の貴重な遺物や資料の中から特に「土偶」に焦点を当て、アートの視点で捉え様々な表現での「伝説」を作り出す。 家族や子供向けのワークショップも多数開催されるので、ぜひ足を運んでみて。
第18回 縄文コンテンポラリー展inふなばし「とび博 土偶のアート伝説 」
会期/~9月2日(日) ※月曜休館
会場/飛ノ台史跡公園博物館
住所/船橋市海神4-27-2 地図
時間/9:00~17:00(入館は16:30まで)
   ※最終日は15:00まで
入館料/一般100円、児童・生徒50円
    ※市内在住の中学生以下は無料
問い合わせ/047-495-1325

詳細はこちら

PAGE TOP