HOME > 千葉エリアトピックス

千葉エリアトピックス

「緑区吹奏楽団」第8回定期演奏会 2月2日(日)千葉市民会館で開催

2019.11.06


 千葉市緑区を拠点に活動している「緑区吹奏楽団」では、2月に第8回定期演奏会を開催。 お子様からご年配の方まで、誰もが楽しめる演奏会です。 入場は無料なので、気軽に足を運んで心温まる演奏を楽しんでみてはいかが?!
「緑区吹奏楽団」第8回定期演奏会
【曲目】
ノートルダムの鐘
メトセラⅡ~打楽器群と吹奏楽のために
The Waltzing Cat、私のお気に入り
魔女の宅急便コレクション 他 

日時/2020年2月2日(日)13:30(開場 13:00)  
料金/入場無料
会場/千葉市民会館大ホール 
交通/JR千葉駅より徒歩約7分 
お問い合わせ/担当者:タカダ 
E-Mail:info@midosui.com 

千葉交響楽団メンバーらによるアフタヌーンコンサート 11月30日(土)青葉の森公園芸術文化ホールで開催

2019.11.06



 青葉の森公園芸術文化ホール(千葉市中央区)にて、県民芸術劇場公演として千葉交響楽団のメンバーたちによる室内楽コンサートを開催。第1部は弦楽四重奏。第2部はLa Dillのメンバーとしても活躍するリリックバリトン坂下忠弘による歌、ピアノ三重奏などを披露。そして、クラシック曲としては人気のシューベルト作曲「ます」を歌曲・ピアノ五重奏の両方で聴きくらべを楽しめるのでぜひ!

 令和元年度県民芸術劇場公演
千葉交響楽団メンバーらによる
アフタヌーンコンサート 
坂下忠弘(リリックバリトン)をむかえて~シューベルトを中心に~ 
「ます」(歌曲・ピアノ五重奏)聴きくら

【演奏予定曲】
≪第一部 弦楽四重奏≫
ディヴェルティメントK.136より第1楽章(モーツァルト)
アヴェ・マリア(シューベルト)
弦楽四重奏曲第13番ロザムンデより第2楽章(シューベルト) ほか

≪第二部 坂下忠弘の歌と室内楽≫
(歌 ピアノ伴奏)
セレナーデ(シューベルト)
ます(シューベルト)   ほか
(ピアノ五重奏)
ます(シューベルト)
ピアノ五重奏曲第1番第2楽章(フンメル)

【出演】
=千葉交響楽団=
小泉百合香(ヴァイオリン)
荒巻美沙子(ヴァイオリン)
春木英恵(ヴィオラ)
若狭直人(チェロ)
寺田和正(コントラバス)

横山歩(ピアノ)
坂下忠弘(リリックバリトン)


日時/11月30日(土)15:00(開場14:30)
料金/全席自由 前売2,000円 当日2,500円
    ※4歳未満の入場不可
会場青葉の森公園芸術文化ホール ホール(千葉市中央区青葉町977-1) 
交通/JR千葉駅東口よりバス、京成千原線 千葉寺駅より徒歩15分
出演/千葉交響楽団メンバー、坂下忠弘(リリックバリトン)、横山歩(ピアノ) 

お問合わせ/青葉の森公園芸術文化ホール 
TEL/043-266-3511 

台風15号 千葉県台風被害 被災地支援 住宅診断のプロ“ホームインスペクター”による “中立な”住まいの簡易点検ボランティア開始

2019.10.08



 業界初の個人向け総合不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)を行う “不動産の達人 株式会社さくら事務所”(東京都渋谷区/社長:大西倫加)では、この度の台風15号による千葉県台風被害 被災地支援として、「台風15号 住まいの簡易点検プロジェクト(無償ボランティア)」を立ち上げました。過去に起きたこれまでの災害でも、修繕業者が工事受注目的で事実を伴わない点検を行う事案が横行。診断後の工事と結びつきのない客観的な状況で情報を得られる機会を少しでも持ってもらい、本プロジェクトでは災害支援として一部地域において無償でホームインスペクションの実施いたします。 
 なお、エリアによっては、外部エリアからのボランティアの受け入れ状況にない地域も少なくないことから、具体的な実施エリアや内容については、その地域の実情を鑑みながら判断・決定。具体的な実施内容が決定次第、公式HPやプレスリリース等を通じて随時情報を更新・公開いたします。

 ■無償簡易点検実施の背景■ 
大型で強い台風15号が直撃した千葉県では、家屋の屋根が吹き飛ぶなどの強風被害の報告 が後を絶ちません。 過去にもこうした大きな風害発生の後には、「我が家の屋根は大丈夫なのか」という不安を逆手にとったような「点検商法」まがいの業者による被害相談も多く聞かれています。地震発生による被害と異なり台風による被害では「応急危険度判定」が行われないことや、「罹災証明書の発行に向けた家屋調査」がようやく始まった地域があるなど、大きすぎる被害状況のなかでこうした混乱がしばらく続くことが予想されます。

 ■無償簡易点検の診断内容■ 
対象エリア内において、「今回の台風による屋根や外壁等に大きな被害がみられないが、本当に大丈夫なのか知りたい」という方を対象に・室内 壁、天井の目視確認 ・屋根裏の目視確認 ・外壁等外部の目視確認の3点を中心に行う予定。

 ■今後について■ 
停電や断水が復旧し、生活再建への動きがスタートしたエリアから順次開始の予定。被災地域のボランティア受付状況などをみながら、判断してまいります。 

◆台風15号 住まいの無償簡易点検プロジェクトについて◆ 
台風被害発生直後、千葉県出身・在住の建築士でホームインスペクターの友田 雄俊が発起人となり、社内に「台風15号千葉県支援対策検討チーム」が発足。修繕や商品の紹介を一切行わないさくら事務所ならではの“完全な第三者の点検”が点検商法に不安を抱いている被災者の方々に必要であると判断し、今回の無償簡易点検を企画。現在は被害状況報道や現地の様子を共有しながら、具体的な無償点検の内容と実施時期などについて検討を重ねています。

【お問い合わせ】
不動産の達人 株式会社さくら事務所
東京都渋谷区桜丘町29-24 桜丘リージェンシー101
受付10:00~19:00(土日祝も営業)

PAGE TOP