HOME > 最新ニュース

最新ニュース

名実とも謎のオブジェ 記録なく設置経緯不明 みなと公園のロボット?(千葉市中央区)【千葉まちなかアート】

2020.07.01 14:12

千葉市役所の隣、みなと公園(同市中央区)の池の中に、謎めいたオブジェがある。下半身だけのロボットのような奇妙な作品だが、不思議なのは見掛けだけではない。行政の記録にも設置経緯が残っておらず、名実ともに「謎のオブジェ」となっている。・・・続き 千葉日報

地域彩るアジサイロード 住民整備、延伸も検討 千葉市・小園公園

2020.06.17 11:56

 千葉市稲毛区小仲台の小園公園で、住民が整備した歩道「アジサイロード」に紫やピンクなど色とりどりの花が咲き、地域に彩りを添えている。7月中旬まで楽しめるという。

 およそ15年前から、町内会の「花の委員会」の約30人が草花の剪定(せんてい)や雑草駆除など公園の手入れを行い、約600メートルの歩道に約10種類450株のアジサイを植樹。在来種のガクアジサイのほか、スミダノハナビやタマアジサイといった珍しい品種も咲き、訪れた人の目を楽しませ、癒やしの空間を作っている。・・・続き 千葉日報

2020ポートクイーン千葉オーディション参加者募集6月26日まで

2020.06.17 11:49

 全国有数の海上貨物取扱量を誇る千葉港の親善大使である「ポートクイーン千葉」を募集します。
 千葉港の在港船表敬訪問、千葉港関連の各種行事、千葉県内の官公庁などの主催する事業・催事に千葉港の親善大使として活躍いただきます。・・・続き 千葉日報

ロッテは全選手対応クールマスクの発売を開始!表面は冷感生地で裏面は接触冷感生地の夏使用!

2020.06.07 11:52

千葉ロッテマリーンズは全選手対応クールマスクの発売をオンラインストアにて開始したことを公表した。全選手対応クールマスク(全選手+監督対応)で価格は1,600円(税込)。色はブラックとホワイトの2色。サイズはメンズサイズとレディースサイズとなっている。マリーンズ オンラインストアにて6月14日(日)23時59まで申し込みを行い、7月中旬から8月上旬に届けられる。・・・続き ちばとぴ

にぎわい取り戻す千葉県内 緊急事態解除2度目の週末 【新型コロナ】

2020.06.07 11:50

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除から2度目の週末を迎えた6日、千葉県内の観光施設や繁華街は人出が増え、にぎわいを取り戻しつつある。

 千葉市動物公園(同市若葉区)は休業要請が解除された1日、54日ぶりに営業を再開して最初の週末。園内は動物との再会を待ちわびた家族連れらの笑顔があふれ、前日(5日)より3千人以上多い約4500人が詰め掛けた。・・・続き 千葉日報

東日本テーマパークランキングに千葉4施設 ディズニー「スタッフ対応」 アンデルセン「手軽さ」 ドイツ村「イルミに好感」

2020.06.06 11:47

民間会社の「顧客満足度ランキング調査・テーマパーク部門」の東日本エリアで、1、2位を独占した東京ディズニーリゾート(TDR、浦安市)2施設は、いずれも「スタッフの対応」が全施設の調査7項目の中で最高となる80点超え。丁寧な接客が不動の人気を支えていることを裏付けた。「空間演出」の項目でも他を圧倒した。ふなばしアンデルセン公園(船橋市)は「チケットの買いやすさ」が全施設の中で1位となり手軽さが支持され、東京ドイツ村(袖ケ浦市)は自慢のイルミネーションの取り組みが好感を得た。・・・続き 千葉日報

イクスピアリ、6月1日から営業再開

2020.05.28 15:43

浦安市の東京ディズニーリゾート内にある商業施設「イクスピアリ」は26日、緊急事態宣言の解除を受けて6月1日から営業を再開すると発表した。入り口で検温を実施するほか、一部店舗の営業時間を短縮するなどして感染防止を図る。・・・続き 千葉日報

「唯一性とは―」数々の問い 2体のチーバくん(佐倉市) 【千葉まちなかアート】

2020.05.27 15:46

県民におなじみの県マスコット「チーバくん」。その像が2体、京成線志津駅(佐倉市)の南口に並び立つ。単なる「ゆるキャラ」とはいえ、我々の想像力を刺激するという点において、「アートな光景」と言ってもいいのではなかろうか。・・・続き 千葉日報

そごう千葉店再開 「品物豊富で助かる」 待ちわびた買い物楽しむ

2020.05.25 10:32

新型コロナウイルス感染拡大防止のため食品売り場を除いて臨時休業していたそごう千葉店(千葉市中央区)が23日、約1カ月半ぶりに衣料品や雑貨など生活必需品売り場を中心に営業を再開した。施設側は入店時の消毒を呼び掛けるなど感染予防策を講じ、マスク姿の来店客が待ちわびた百貨店での買い物を楽しんだ。・・・続き 千葉日報

咳通知バッジ無料配布 市原市観光協会 「ぜんそくです」 「アレルギーです」

2020.05.22 15:39

  新型コロナウイルス感染症への警戒で社会が咳に対して敏感になる中、市原市観光協会は、咳の理由が分かるように示した咳通知バッジとアイロンプリントシートの無料配布を始めた。

 人が集まる場所で咳がしにくく困っている人が身に着けることで、周囲の理解を促す狙い。バッジ(直径約4センチ)は、「ぜんそくです」と「アレルギー咳です」の2種類で合計千個、プリントシート(縦5・5センチ、横5センチ)も千枚、それぞれ作製した。更級日記の作者、菅原孝標女がデザインされている・・・続き 千葉日報

PAGE TOP