HOME > 最新ニュース

最新ニュース

太宰治逗留の老舗割烹旅館「玉川」が閉館 昨年の台風に新型コロナ追い打ち 船橋

2020.05.19 12:38

 船橋市中心街にある老舗割烹旅館「玉川」の経営者らは19日、同旅館を4月末で閉館したと発表した。相次ぐ自然災害により膨らんだ修繕・管理費が経営を圧迫したところに、新型コロナウイルス感染拡大で3月以降に利用客が激減し追い打ちを掛けた。

 重厚な瓦と黒色板壁に覆われ、国の登録有形文化財に登録されている純和風旅館は、1921(大正10)年創業、100年目だった。文豪太宰治が宿泊したことでも知られ文化的価値も高いが、年内に取り壊される予定。・・・続き 千葉日報


勇気与える遠隔演奏 HPに動画、続編ダンスも 市船橋高吹奏楽部

2020.05.18 13:59

千葉県内トップレベルの演奏技術を誇る市立船橋高校吹奏楽部の3年生部員58人が、新型コロナウイルス感染拡大により合同練習ができない中、個人で演奏・撮影した映像をつないで編集し、同校ホームページ(HP)で動画を公開している。“テレワーク”による部員の手作りで、閲覧者からは「勇気をもらえた」「元気が出た」などの反響が寄せられているという。・・・続き 千葉日報

【新型コロナ】千葉市、心のケア相談を強化 電話相談拡充、LINE利用した窓口も

2020.05.15 15:41

 千葉市は15日から、心のケア相談の体制も強化する。電話相談を平日に加えて夜間・休日にも拡充し、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を利用したオンライン相談窓口も開設する。

 市精神保健福祉課によると、新型コロナに関する心の相談は2、3月の計23件に対し、4月は1カ月で289件が寄せられた。新型コロナ対応の長期化に伴い、心身に変調を来す市民の増加が懸念されている。・・・続き 千葉日報

「アベノマスク」千葉県で配布開始 「残り少なく助かる」「小さくて使えない」賛否さまざま

2020.05.14 19:36

政府が新型コロナウイルス対策として全世帯に2枚ずつ配る布製マスクの配達が14日、千葉県でも始まった。同日は香取市と白井市で配られ、受け取った市民からは「使い捨てマスクの残りも少なく、なかなか買えないので助かる」と感謝の声が聞こえた。一方で「遅すぎる」「小さくて大人は使えない」などと否定的な意見もあった。・・・続き 千葉日報

千葉県は外出自粛・休業要請を維持 森田知事「緩みが出ては元も子もなくなる」 【新型コロナ】

2020.05.14 15:39

政府が14日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言を39県で解除した一方、千葉県や東京など8都道府県で維持し、森田健作知事は同日、県内での外出自粛・休業要請を緩和しないと表明した。「ここで緩みが出ては元も子もなくなる」と強調し、感染者の確実な抑制が最優先だと県民に理解を求めた。感染者の推移や国が示した宣言解除基準、隣接する都の対応を見極め、緩和が可能かを改めて来週中に判断する方針。医療を維持するため、患者の入院先に1人50万円の協力金(国交付金が原資)を支給する。・・・続き 千葉日報

静かでシュールな「愛」 LOVE(千葉市稲毛区) 【千葉まちなかアート】

2020.05.13 12:47

千葉大西千葉キャンパスの最寄り駅、京成線みどり台駅(千葉市稲毛区)を降り、大学の逆側へと歩くと程なく、鮮烈な赤で表現された「LOVE」の文字が見えてくる。

これは米国を代表するポップアート作家の一人、ロバート・インディアナの彫刻作品「LOVE」(高さ1・8メートル、幅1・8メートル、奥行き0・9メートル)。地元企業ZOZOの元社長で実業家の前澤友作氏が創設した「現代芸術振興財団」が2014年11月に設置した。・・・続き 千葉日報

給食パン原料を活用 フードロス防止へ一役 千葉市花見川区・川島屋

2020.05.12 15:43

製パン会社の川島屋(千葉市花見川区)は今月から、小中学校の長期休校で行き場を失った学校給食パン用の食材を県学校給食会から買い取り、コッペパンやレーズン食パンに加工する取り組みを始めた。同社が運営する「マロンド」や「石窯パン工房ル・マタン」で販売している。・・・続き 千葉日報

車窓から動物見学 マザー牧場で「ドライブスルーファーム」 富津

2020.05.11 11:23

新型コロナウイルスの感染拡大を受け臨時休園中のマザー牧場(富津市田倉)で、動物たちを車窓から眺めて気分転換してもらう「ドライブスルーファーム」が行われている。感染拡大防止に伴う自粛生活が長期化する中、来場者は久しぶりに癒やしのひとときに浸っていた。・・・続き 千葉日報

チケット事前購入で飲食店救おう 千葉市内でプロジェクト 【新型コロナ】

2020.04.27 17:09

新型コロナウイルスの感染拡大で窮地に立たされている飲食店を応援しようと、支援企画「千葉市1千人のSAMURAI PROJECT」が千葉市内で始まった。8月以降に使えるチケットを市民に事前購入してもらい、代金を先んじて各店に払うシステムで、参加1千人で計300万円の資金確保を目指している。・・・続き 千葉日報

千葉県も施設名公表の構え 知事改めて「協力を」 【強い休業要請で政府指針】

2020.04.24 18:48

森田健作知事は23日の定例記者会見で、新型コロナ特措法に基づく千葉県の休業要請後も営業を続けているパチンコ店など県内事業者に向け、休業しなければ店舗により強い「指示」を行い、段階的に施設名の公表にも踏み切る考えを示した。国の対応ガイドラインに沿って行う考え。「県民の命を守るために、理解をお願いしたい」と強調した。・・・続き 千葉日報

PAGE TOP