HOME > 最新ニュース

最新ニュース

幕張新都心にサ高住 24年秋開業 亀田グループと連携しケア

2021.09.14 18:10

幕張新都心若葉住宅地区(千葉市美浜区)で開発中の「幕張ベイパーク」で、三井不動産レジデンシャル(東京都中央区)は、28階建ての住宅型有料老人ホーム「(仮称)パークウェルステイト幕張計画」を着工したと発表した。2024年秋の開業を目指す。同物件は看護師が24時間常駐するほか、亀田総合病院(鴨川市)などを運営する亀田グループと連携し、医療・介護サービスを提供する。・・・続き 千葉日報

船橋市にパルスオキシメーター200台 ふなっしーが一役 シトラスリボン寄付で

2021.09.11 16:10

新型コロナウイルスによる差別や偏見をなくし、患者・医療従事者への思いやりの輪も広げる「シトラスリボンプロジェクト」に賛同した人たちの小口資金協力で、自宅療養者らの症状把握に使うパルスオキシメーター200台が船橋市に寄贈された。同市の非公認人気キャラクター「ふなっしー」が一役買い、資金協力者へのお礼として、シトラスリボンを着けたふなっしーのオリジナルピンバッジがプレゼントされた。・・・続き 千葉日報

緊急宣言30日まで延長 酒提供自粛、協力金継続 千葉県

2021.09.10 10:47

政府は9日、新型コロナウイルス感染症対策本部を開き、緊急事態宣言発令中の21都道府県のうち千葉、東京など19都道府県の期限を12日から30日まで延長すると決定した。政府の決定を受けて千葉県は9日、新型コロナの対策本部会議を開き、12日まで行ってきた措置を継続することを決めた。飲食店では営業時間の短縮と酒類提供自粛は続き、県は協力金を支給する。会議後に会見した熊谷俊人知事は「感染を防ぐには県民一人一人の防止対策が必要。県も30日に解除できるよう全力で取り組む」と述べ、県民や事業者に協力を求めた。・・・続き 千葉日報

ディズニーシー開園20周年 記念イベント「タイム・トゥ・シャイン!」スタート 記念グッズや特別メニューも

2021.09.04 17:47

東京ディズニーシー(浦安市)は4日、開園から20周年を迎え、記念イベントの「タイム・トゥ・シャイン!」がスタートした。港をイメージしたエリアでは、ミッキーマウスらディズニーキャラクターが船上からゲストを出迎え、リニューアルした水上ショーを披露。ゲストを新たな“海の冒険”へといざなった。・・・続き 千葉日報

入院待機所9月5日運用開始 千葉市内で10人受け入れ 24時間体制で酸素投与

2021.09.04 17:46

新型コロナウイルスの感染拡大による医療逼迫(ひっぱく)を受け、千葉県は3日、入院先が決まらない救急搬送中の患者が一時的に待機できる「入院待機ステーション」を5日から千葉市内の公共施設で運用を開始すると発表した。10人まで受け入れが可能。酸素投与などの一時的な処置を行い、その間に入院先を探す。・・・続き 千葉日報

<緊急事態宣言>熊谷・千葉県知事、12日での解除「残念だが厳しい」 県民に行動変容呼び掛け

2021.09.02 14:45

千葉県などに発令中の新型コロナウイルス「緊急事態宣言」について、熊谷俊人知事は2日の定例記者会見で、期限となる12日での解除の可否の見通しを「残念ながら厳しいと考えている」と述べ、宣言を継続すべきとの考えを示した。解除が困難な理由として、危機的な医療提供体制を挙げた。・・・続き 千葉日報

「千葉市」被写体にアートの力探る 写真展「CHIBA FOTO」12人競演

2021.09.01 10:06

千葉市制100周年を記念して市内で今夏開催されている「千の葉の芸術祭」(同実行委員会主催)。その一部門である写真芸術展「CHIBA FOTO」では、第一線で活躍するアーティスト12人が「千葉市」を被写体に写真作品を制作し、アートの可能性を探るという試みが行われている。個性豊かな作家たちによって捉えられた地域のさまざまな対象が、新たな光景となって鑑賞者の前に提示されるのが面白い。・・・続き 千葉日報

「感染対策は十分か」引率感染、保護者から不安の声 パラ学校観戦・千葉市の中止発表 神谷市長「理解得ること難しく」

2021.08.31 12:06

千葉市の神谷俊一市長は30日、児童生徒に東京パラリンピックの観戦機会を提供する「学校連携観戦プログラム」を中止すると発表した。同プログラムに参加した市立中学校の引率教諭2人が新型コロナウイルスに感染していることが判明し、保護者らからも不安の声が多く届いていることを踏まえた。神谷市長は「知事との協議の上、中止の判断に至った。児童生徒が心を一つに応援できる環境にないと判断した」と説明した。・・・続き 千葉日報

学校観戦、千葉市中学生は初日468人参加 選手「力になった」 コロナ不安も浮き彫りに 【2020東京パラ】

2021.08.26 10:06

児童生徒に東京パラリンピックの観戦機会を提供する「学校連携観戦プログラム」が25日、幕張メッセ(千葉市美浜区)などの競技会場で始まった。幕張メッセでは、同市の中学校12校の生徒計468人が車いすフェンシングやゴールボールを観戦。大会組織委員会は新型コロナウイルス対策を徹底し、子どもたちは声を出さず拍手で応援。選手からは「力になった」との声が上がったが、直前で参加を諦める生徒が多く出て、新型コロナへの不安が改めて浮き彫りになった。・・・続き 千葉日報

夏休み明けの県立学校 高校では分散登校や時差通学 行事は中止、部活の大会OK 千葉県教委

2021.08.24 16:46

  千葉県教委は24日、新型コロナウイルス感染爆発が続く状況を受けて、夏季休業終了後(夏休み明け)の県立学校運営について記者会見を開き、「感染症対策を万全にした上で学校運営を継続する」と説明した。ただ、全日制高校では、緊急事態宣言の期限となる9月12日まで、1~2年生は「分散登校」「時差通学」「短縮日課」とし、3年生は「時差通学」「短縮日課」を実施すると決めた。市町村教委にも県教委の方針を伝え、感染防止に配慮した対応を求めるとした・・・続き 千葉日報

PAGE TOP